« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

moon





満月の夜は視線を絡ませてプラスマイナス通電をする(佳乃 硝子)





| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちんちん3





ちんちんをきゅっとつまんでそわそわと目が泳いでる トイレへ走れ(佳乃 硝子)





| | コメント (0) | トラックバック (0)

おっぱい10





朝昼はおっぱい夜はバストへとふたつの顔を演じるおちち(佳乃 硝子)





| | コメント (0) | トラックバック (0)

おっぱい11





きみが来てくれたときからママになりおっぱいになり家族になった(佳乃 硝子)





| | コメント (0) | トラックバック (0)

おっぱい9





おっぱいを口にふくんだあの日から母と交わした約束がある(佳乃 硝子)





| | コメント (0) | トラックバック (0)

さくら2





花びらで装飾されたモザイクの電車で春を突っ切っていく(佳乃 硝子)





| | コメント (0) | トラックバック (0)

さくら3





いただいた春を返しに向かいます返されるのは迷惑ですか(佳乃 硝子)





| | コメント (0) | トラックバック (0)

さくら4





春だからなみだの色も薄桃で幸せそうに見えるのでしょう(佳乃 硝子)





| | コメント (0) | トラックバック (0)

さくら1





さようなら桜さく丘あしたには雨に降られて涙も涸れる(佳乃 硝子)





| | コメント (0) | トラックバック (0)

おっぱい8





用が済みおっぱいはまたバストへと戻る あなたのもとへと還る(佳乃 硝子)





| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちんちん2






ブンブンと振りまわしてるちんちんは飛びたつためのプロペラになる(佳乃 硝子)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちんちん1






ちんちんをブンブン回すそのまんまいつかここから飛んでゆくため(佳乃 硝子)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

farewell






似てるとこ重ねて好きになってゆき違いばかりを数えた終わり(佳乃 硝子)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

おっぱい3-1





携帯のようにおっぱい持ち歩く世の中になり平安になれ(佳乃 硝子)






**********





最後を「なる」から「なれ」へ。


願いをこめてみました(^-^)






**********




| | コメント (0) | トラックバック (0)

おっぱい 7




みぎは俺ひだりは息子ちょっと待て持ち主ぬきで決定するな(佳乃 硝子)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

おっぱい 6




形には自信あります量的な苦情はここで受け付けません(佳乃 硝子)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

おっぱい 5




揺れる胸 邪魔だからって両肩にのせてたらしい伝説の祖母(佳乃 硝子)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

おっぱい 4




ミルキーがおっぱい味に似ていたら君は煙草をやめたのかしら(佳乃 硝子)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

おっぱい 3




携帯のようにおっぱい持ちあるく世の中になり平安になる(佳乃 硝子)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

おっぱい 2




やめなさい その手つきから大きさがわかるんだから今の彼女の(佳乃 硝子)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

おっぱい 1




ただ吸わすだけで母だと感じられいつまでだって飲ませたかった(佳乃 硝子)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

friend





話してもどうにもならないことをただ黙ってきいてくれてサンキュー(佳乃 硝子)





| | コメント (0) | トラックバック (0)

その傷が痛むのならば薄皮がはるまでバンドエイドになるよ(佳乃 硝子)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みずたまり 1-2






かぽかぽとあぶくはきだす長靴は泥水色の噴水となる(佳乃 硝子)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

みずたまり





かぽかぽとあぶくが散って泥水は噴水となるきみの長靴(佳乃 硝子)





| | コメント (0) | トラックバック (0)

四月 2



春なのであなたのシャツを思い出す 四月の空はぼやけたブルー(佳乃 硝子)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

talk



だんだんといいたいことがなくなって もうわたしたち恋におちない(佳乃 硝子)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛 1-1




なぜかしら「好き」というたび喉をさす小骨で化膿しそうな「愛」だ(佳乃 硝子)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

memory


記憶からなつかしさだけ集めたら世界はきょうも君にやさしい(佳乃 硝子)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛 3


「愛」という言葉が喉にに引っかかる 食べなれてない魚みたいに(佳乃 硝子)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛 2




なんとなく「愛」は外国産のもの「愛情」ならばわかる気がする(佳乃 硝子)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛 1




なぜかしら「好き」というとき引っかかる小骨で化膿しそうな「愛」だ(佳乃 硝子)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

嘘 9

言い訳がどんどんうまくなっていてウソをついてる実感がない(佳乃 硝子)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嘘 8




嘘つきのまんま離れた あの嘘がいつかあなたを救いますよう(佳乃 硝子)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛 1-1






なぜかしら「好き」というたび喉をさす小骨で化膿しそうな「愛」だ(佳乃 硝子)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

嘘 7




いつの日か嘘に変わってしまってもいいあなたとは約束したい(佳乃 硝子)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

嘘 6




初めから嘘になるって知ってたら約束なんてしなかったのに(佳乃 硝子)




初めから嘘になるって知っててもきっとあなたと約束をした(佳乃 硝子)




いつの日か嘘になるって知っててもいずれあなたは約束をする(佳乃 硝子)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

sleep





目覚めれば5本の管でつながれて不治の病の少女みたいに(佳乃 硝子)






| | コメント (0) | トラックバック (0)

つむじ





見下ろしたあなたのこうべ胸に抱きマリアのように微笑んでみる(佳乃 硝子)





| | コメント (0) | トラックバック (0)

嘘 5





きっとウソ けれど悲しいホントよりいいと思った4月1日(佳乃 硝子)





***********





ううう(>_<)

短歌塾、なぜ四月なのでしょう…なぜ…。



四月はなにかと物入りで経済状況が悪くていけない…うううう…(;_;)



もし、次があれば必ず入塾したいです・゜・(ノД`)・゜・。ウワーン



| | コメント (0) | トラックバック (0)

嘘 4




散らばった文字を眺めた やさしさの別の名前が嘘だと知った(佳乃 硝子)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

嘘 3




お湯のなか汚れた皿と手をひたす わたしの嘘も溶かしてしまえ(佳乃 硝子)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

嘘 2




嘘つきは恋のはじまり 偶然をよそおうために待ってたホーム(佳乃 硝子)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

嘘 1





初めから嘘になるって知ってたら約束なんてしなかったのに(佳乃 硝子)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

支え





強いから大丈夫って言ったけど あなたがそばにいたからだった(佳乃 硝子)





| | コメント (0) | トラックバック (0)

必要





必要とされないきみと暮らしてて必要とするここにない愛(佳乃 硝子)





| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがとうございます♪



わいっ!日経ウーマンオンライン〈日々経る短歌〉に私の歌が掲載(3/1・3/12分)されました。やった!

ありがとうございます。とても励みになります。

お題モノは全然ダメだけど、自由題は頑張って投稿しよう(≧∇≦)

【日経ウーマンオンライン:日々経る短歌】 http://wol.nikkeibp.co.jp/article/topics/20090902/103958/




素敵な短歌が沢山☆彡 是非、ご覧下さい(^O^)ノ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

四月 1




ちんちんが生えた光子は子をとってヒカルになっためでたく四月(佳乃 硝子)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い出 1





一年でむかしの人になっていて感謝の言葉をきかされている(佳乃 硝子)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラ



重力にまけたお肉をもちあげる天使の羽は形状記憶(佳乃 硝子)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つぶっといよかんソース



いよかんのマーマレード風フルーツソースです

つぶっといよかんソース


旬の果物は甘くて美味しいですね♪




さて、枡野浩一さんの「かんたん短歌ブログ」新たにお題が追加されました。

四月、エイプリルフールにまつわる短歌。

私、ほんとにねー、お題モノが苦手で途端に詠めなくなるんですよねぇ…

東京も東京タワーも暖炉も薪ストーブもダメだった。

今まで詠んだ短歌もすべて経験に基づくもので
経験がないものは作れない…という…
想像力がないんですかね。

これって短歌詠みとしては致命的?と思うんですが。

慣れでしょうかそれとも向いてないのか(どきどき)



なんとかついてゆきたいです☆




つぶっといよかんソース




| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごろっとキウイジャム





ごろっとキウイジャム



キウイをジャムにしました♪



ちょっと瓶が大きかった~

レモンとお砂糖以外なんにもいれていないので
色が悪いですけど身体にはやさしいです☆彡




ごろっとキウイジャム



| | コメント (0) | トラックバック (0)

暖炉の短歌 6

「ごめんね」が言えない日には影だけを重ねてみよう暖炉の前で(佳乃 硝子)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

バカンスにて


朝焼けか夕焼けかすらわからないくらい眠った あなたとふたり(佳乃 硝子)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い出 2





一年でむかしの人になっていて さよならさえも映画のようで(佳乃 硝子)





| | コメント (0) | トラックバック (0)

THE BEATLES短歌 / All you need is love





最新のスピーカーから叫んでも世界に愛は届かなかった(佳乃 硝子)





| | コメント (0) | トラックバック (0)

青空

伸びきった髪がくるりと空をさす 顔をあげよと励まされてる(佳乃 硝子)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

余裕





「忙しい」イコール「甘え」なんだって 思えるような余裕が欲しい(佳乃 硝子)





| | コメント (0) | トラックバック (0)

謝罪

ひとことで帳消しになど出来ないし いつからそんないい人だった?(佳乃 硝子)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

THE BEATLES短歌 / woman





身にまとうものなどなにもいらないわwomanで目覚めた朝には(佳乃 硝子)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

THE BEATLES短歌 / And your bird can sing





僕たちの頭上に空があるかぎりあなたの鳥はうたを歌える(佳乃 硝子)





| | コメント (0) | トラックバック (0)

I(愛) 2

愛されぬ人などいない けど欲しい愛はいつでもそっぽむくから(佳乃 硝子)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤川次郎

いつからか待たなくなった新作の探偵猫はいくつになった?(佳乃 硝子)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コイ2

大口をあけて笑った鯉たちに終わった恋をちぎっては投げ(佳乃 硝子)

失恋をちぎっては投げちぎっては群がる鯉のお口にいれた(佳乃 硝子)

失恋は栄養過多な餌らしい群がる鯉に投げた悲しみ(佳乃 硝子)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

I(愛) 1

愛されていない人などいないけどワガママいうときみのが欲しい(佳乃 硝子)

愛されぬ人などいないただ欲しい愛が手にはいらないだけだよ(佳乃 硝子)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西と東

失ったものは豚いり肉じゃがを作る機会とそれ食べるひと(佳乃 硝子)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »