短歌

別れ





忙しい忙しいってはなれてく本当の理由(こと)伝えないまま(佳乃 硝子)





サヨナラと伝えるまでにどのくらい離れていたらいいんだろうか(佳乃 硝子)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

Happy



Happyが作られていくこの町で君と目覚めた朝は本当(佳乃 硝子)





Happyを押し付けられた気がしてるカボチャ野郎のにやけた顔で(佳乃 硝子)





あゆはっぴい?うん、と答えるあんはっぴい 悲しいときは笑うのだから(佳乃 硝子)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

無題




天上の青と見上げる曇り空 わたしの夏はまだ終わらない (佳乃 硝子)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

10年②





後悔を胸にいだいた10年は確かに愛があったのだろう(佳乃 硝子)





| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひとり



世界一愛されちゃって孤独ってなにか忘れたうさぎになりたい(佳乃 硝子)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

プレゼント






どこにでも売ってるようなものだけどあなたの為に買えて良かった(佳乃 硝子)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

10年





憎しみが持続していた十年は愛してるって気づいてました(佳乃 硝子)






ゆっくりとゆっくりと
傷つき方も立ち直り方も人それぞれ(佳乃 硝子)





| | コメント (0) | トラックバック (0)

オザケン





天井が刻むタップを聴きながらオザケンの言う神様を待つ(佳乃 硝子)





| | コメント (0) | トラックバック (0)

無自覚





大丈夫 口癖になり痛みすら無感覚なら重症だろう(佳乃 硝子)





| | コメント (0) | トラックバック (0)

人気





なにかって言うと投票そのうちにプロっていなくなるんじゃないの?(佳乃 硝子)





| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧